不動産
投資用不動産のサブリース契約とは?(サブリース契約をめぐる諸問題について紹介)新着!!

不動産投資で耳にするサブリース契約とは何でしょうか。サブリース契約が法律上どのように扱われているのか、通常の賃貸借契約と比べてどのような点が異なるのでしょうか。

続きを読む
債権回収
支払督促のデメリット(確定した支払督促は既判力の制限を受けないことについて)

支払督促は便利は手段のように思える一方で様々な制約やデメリットがあります。

このコラムでは、そのデメリットの一つである既判力との関係について解説します。

続きを読む
労働問題
物流2024年問題について(労働基準法の改正と改正がもたらす影響)

昨今、働き方改革により、時間外労働の上限が見直されています。トラックドライバーの時間外労働についても例外ではなく、5年の猶予期間を経て、2024年から上限時間が規制されることになります。

続きを読む
その他
名誉棄損とは? 名誉棄損が成立する要件・反論のポイント・慰謝料額について解説します。

名誉棄損はどのような場合に成立するのでしょうか。また、名誉棄損が認められた場合にはどの程度の慰謝料額が認められるでしょうか。民事上の名誉棄損の扱われ方について解説します。

続きを読む
債権回収
支払督促を利用した債権回収~支払督促により債務名義を取得する~

支払督促は簡易な手続きで債務名義を取得する方法です。しかし、簡易な手段である反面、様々な制約やデメリットがあります。債務名義を取得する一方法として支払督促の特長やデメリットを紹介します。

続きを読む
債権回収
第三者からの情報取得手続きの活用!(債務者の財産調査を行う方法を紹介)

第三者からの情報取得手続きは、債権者が裁判所を介して債務者の情報を第三者から取得する手続きです。債務者の財産調査をして、強制執行の実効性を高める手段として有用な制度です。

続きを読む
債権回収
【判例紹介】保証契約における保証人の押印につき二段の推定が否定された事例(大阪高等裁判所令和4年6月30日判決)

民事訴訟法では「本人の押印があれば本人が押印したもの」とする二段の推定という原則があります。しかし、この事例ではこの原則を前提にしながら本人の押印が否定されましたので、二段の推定とともに紹介します。

続きを読む
不動産
賃貸借契約の保証人に関する民法改正後の新ルール

改正民法では賃貸借契約の保証人に対する保証契約において、保証人が個人であれば保証限度を示すため、極度額を設定すべきとされました。そこで、極度額の目安をはじめ、元本確定のルールを紹介します。

続きを読む
債権回収
財産開示手続きを利用して債権回収に役立てる

強制執行は相手方の財産を強制的に取り上げて債権回収を試みることですが、そもそも相手方の財産がわからなければ空振りのリスクを高めます。そこで、相手方の財産を調査する方法として財産開示手続きを紹介します。

続きを読む
債権回収
民法改正による時効の変更点を整理(時効の中断方法もご紹介)

時効制度を含めた民法改正は2020年(令和2年)4月1日から施行されました。特に債権回収にあたって消滅時効には注意が必要ですので、改正後の制度を改めてご紹介します。

続きを読む